離婚後の養育費などは弁護士に相談|士業のプロフェッショナル

女性

相手に払うお金

握手

離婚を円滑に、そして自分に有利に進めるためにはこのようなことは非常に大事になります。なので、このようなことを忘れずにしっかりと離婚に関する手続きをしていくのをオススメします。

読んでみよう

別れた後の問題

弁護士

子供を授かっている場合、まずはその親権をどちらが持つかというのが重要になってきます。現在でも、離婚後どちらかと言えば親権の類は女性に有利に出来ていますが、女性側に有責があった場合には男性が親権を持つということが非常に多くなっています。また、配偶者が子供を虐待している、ドメスティック・バイオレンス気質であるといった場合においては、このような弁護士相談をしっかりして親権を確保する必要が絶対にあるのです。本来、離婚後の親権が母親に行きやすいというのは、子供を育てるためには母親が必要であるという固定概念を持っていたからです。しかし、現在は父子家庭というのも珍しくなく、子供の成長に母親が必要不可欠であるという概念は消え去りつつあります。基本的に、慰謝料等の問題もそうですが、養育費等の問題も非常に揉めることがあるので弁護士に相談しましょう。養育費は、基本的に子供が働くまでを目安として払うものとなっていますが、こちらも基本的に収入に依存する形となります。あくまでも慰謝料を払う側が慰謝料を払ったとしても生活を続けていくことが出来る範囲で慰謝料が支払われるため、基本的には無理な金額にはならないはずです。そのため、このような慰謝料問題で借金をしたり破産をしたりということはまずありません。なので、もしも慰謝料を支払う側であったからといって、借金をするようなことになることは基本的にありません。また、月々の支払い額は無理が無くても、トータルをすればかなり大きな金額になっているということも多々あるため、基本的には自分が有責になるようなことは辞めておいた方が無難です。

弁護士の仕事

男の人

弁護士の仕事は様々です。法律に則って依頼者の問題解決をしていきますが、子供の養育費のことや財産のこと、中高年の離婚の問題と弁護士に寄せられる依頼内容は色々なのです。

読んでみよう

専門家の判断

女の人

結婚というのは、法律に則って夫婦となる契約を果たすことです。そのため、気分次第で勝手に離婚をするということは出来ません。離婚をするためには双方の承諾、あるいは離婚をするに値する理由というのが必ず必要になってきます。

読んでみよう

Copyright© 2016 離婚後の養育費などは弁護士に相談|士業のプロフェッショナルAll Rights Reserved.