離婚後の養育費などは弁護士に相談|士業のプロフェッショナル

スーツ

弁護士の仕事

男の人

もしも養育費等が滞った場合、離婚した相手に裁判所を通じて支払いを命じることが出来ます。弁護士に相談をして、強制執行等をすることにより、支払いを円滑にすることが出来るのです。基本的に、支払いが滞った場合であっても強制的に取り上げることが出来るため、これらを活用していくのが良いです。

離婚で問題になってくるものとして、財産分与があります。専業主婦は収入がないため、分与する財産が無いと思っている人もいるかもしれませんが、婚姻関係を継続中の場合に得た収入は全て夫婦の共同財産となります。そのため、基本的には専業主婦であろうと婚姻関係中の収入は全て夫婦の収入となるのです。なので、まずは弁護士に相談をして夫婦の財産をしっかりと把握する必要があるのです。

中高年が離婚した場合、気になるのは老後の生活になります。高齢になってからでは、身体の問題もありますが不自由なことが出てくるでしょう。一人になってからでは、炊事や洗濯、買い物といった生活の動作をすることが難しくなってきます。また、中高年の離婚については弁護士に相談すれば教えてくれるのですが、現在に日本にはこのような中高年離婚のためにある、年金分割制度というものが存在します。この制度を使えば、一つの家族に支払われるはずの年金を分配することができます。また基本的に、専業主婦等は比較的年金を支払うことの継続が困難であるため、分割精度を使い少しずつ払っていくということが可能となっています。


Copyright© 2016 離婚後の養育費などは弁護士に相談|士業のプロフェッショナルAll Rights Reserved.